• ヘアケア
  • イキイキ更年期
  • 黄帝レシピ
  • 元気ブログ
  • 元気の輪
  • スタッフブログ
  • 症状別 原因と対策

俳優 井浦新さんインタビュー(2020年5月25日掲載)

役柄に応じてさまざまな表情を見せる井浦新さん。その個性的なキャラクターは、数々の作品で絶妙な存在感を残しています。近日公開予定の映画『朝が来る』では、不妊症の末に養子を受ける決意をする栗原清和役を好演。撮影の裏話と、自身の健康法についてお話を伺いました。

スタイリスト/上野健太郎 ヘアメイク/樅山敦(BARBER BOYS) 撮影/梁瀬玉実

役柄に応じてさまざまな表情を見せる井浦新さん。その個性的なキャラクターは、数々の作品で絶妙な存在感を残しています。近日公開予定の映画『朝が来る』では、不妊症の末に養子を受ける決意をする栗原清和役を好演。撮影の裏話と、自身の健康法についてお話を伺いました。

特別養子縁組制度を題材にしている今作品。撮影の中で、親子について考えさせられる機会が多かったのだとか。

この作品に出会うまで特別養子縁組制度を深く知りませんでした。出演のお声がけをいただいてから自分なりに調べもしたのですが、生身の情報ではないのでイマイチ想像がつかなくて…。
でも、撮影直前のタイミングで、実際に特別養子縁組制度でお子さんを持った方々とお話しすることができたんです。そこで、制度の素晴らしさに感動しました。「子どもが欲しい」と切に願う夫婦にとって、大事なのは“血”ではない。一緒に過ごしてきた時間や経験…その全てが積み重なって、家族ができるのだと。
この映画をきっかけに、養子を検討するご家庭が少しでも増えたら嬉しいです。

実子を持つことができなかった栗原夫妻と、育てることができなかった母親・ひかり。物語は、双方の視点から展開されます。

撮影中は、とにかくその両者を対面させないように徹底されていました。お互いの立場を理解したうえで撮影に臨んでしまうと、どうしても“芝居”が生まれてしまうので。
そんな河瀨監督の強いこだわりもあって、いざ本番で両者が向かい合うシーンでは異様な緊張感が漂っていました。「子を返して欲しい」と迫り来るひかりに対して、父親としての防衛本能が自然と湧き上がってきたのを覚えています。

まさに河瀨監督の“役積み”が生きた瞬間だったと。

そうですね。河瀨監督の作品は今回が初めてでしたが、とにかくリアリティを追求することに一切妥協がない。出演者それぞれが、自分の写らないシーンでも役に徹するよう求められるんです。
だから、カメラが回っていないところでも栗原家はずっと3人で過ごしていて。役の名前で呼び合うことはもちろん、「今日のお昼ご飯、何にしようか」なんて家庭的な会話も生まれていました。
僕自身、日を追うごとに清和と徐々に重なっていく手ごたえがあって、本当に自然な演技ができていたと思います。
※撮影以外の時間も常にその役として生活すること。河瀨直美監督ならではの手法。

今回の作品を通じて、井浦さんが得たものとは?

自分の演技に対する“確信”です。もちろん、河瀨監督から求められたものを100%表現できたとは言えません。だけど、デビューから色々な監督のもとで叩き込まれた“芝居をするな”という教え…その教えが、『朝が来る』の現場でも確かに活きていた実感があります。
「ちがう」、「もう1回」、「そうじゃない」………何度も怒られはしましたが、それでも清和という人間になりきろうと一瞬一瞬に全身全霊を捧げた。その姿勢を培ってきた今までのキャリアは、決して間違っていなかったんだなと確信が持てました。

ドラマや映画に立て続けに出演されている井浦さん。かなりお忙しくされているかと思いますが…

俳優って、忙しければ忙しいほどやっぱり不健康になりがちな仕事なんです(笑)。それこそ、役作りだったり、体重のコントロールだったり…精神と肉体の両方が削ぎ落とされていく職業だなぁと、常々感じます。
でも、不思議と「辞めたい」と思うことはなくて。忙しいときほど“自分が本当にやるべきこと”が見えてきて、頭の中が整理されるんです。限られた時間を無駄なく使えているという意味では、僕の性格に合っているのでしょうね。

お仕事の合間でのリフレッシュ法や健康面で気遣っていることは?

自然が好きなので、登山に良く行きます。仕事ですり減ったメンタルを癒すためにも、外界の雑音をシャットアウトできる場所に身を置くことはすごく大事。人間が本来持っている動物としての野性味…例えば、察知能力とか冷静さみたいなものが、研ぎ澄まされるんです。
「丸一日たっぷり寝よう!」みたいな日も最高の贅沢だとは思うけれど、寝すぎるのも返って不健康だから。心も体もリフレッシュさせるのなら、僕は自然がベストだと思います。

トレーニングも常に欠かさないとお聞きしました。

もちろん、役者として体重はいつでも変えられるように、日々体のメンテナンスはしています。でも、それは趣味の登山を続けるためでもある。足腰が弱って、行きたいところにも行けなくなってしまったら、それこそ僕にとっては不健康。趣味を続けるための努力も大切にしています。

最後に、読者にメッセージを。

歳を重ねても、やりたいことはたくさんあるもの。でも、その中で熱量を注ぐものはちゃんと決めて、他のものは切り捨てる勇気を持つことが大事だと思います。
多くのことに手を出しちゃうと、結局どれも中途半端になりがちだから、「これだ!」と決めたものに情熱を傾けて徹底的にやる。結果として成果は得られなくても、その頑張り自体が人生に彩りを与えるはずだから。

[原作]辻村深月×[監督]河瀨直美 感動ミステリー映画化

『朝が来る』

近日公開予定
※公開日につきましては公式HPをご確認ください。

監督・脚本・撮影:河瀨直美
原作:辻村深月(文春文庫)

出演:
永作博美 井浦新 蒔田彩珠 浅田美代子 佐藤令旺
田中偉登 中島ひろ子 平原テツ 駒井蓮 利重剛

配給:キノフィルムズ/木下グループ
http://asagakuru-movie.jp/